不動産投資で失敗しない方法とは|勉強して成功へ向かおう

男の人

不動産の管理の必要性

模型

間家主が管理しやすい賃貸が多かった状況が、物件の規模の拡大などで自主管理が困難であるという状況に変化しています。そのため、物件の手入れや入居者とのコミュニケーションを代理で行う賃貸管理サービスが人気です。不動産の美観や入居者の満足度は不動産価値に影響するため、賃貸管理を積極的に行うことが大切です。

Read More

不動産投資を紹介します

建物

老後の生活資金を確保する手段として、投資リスクの比較的低いマンション経営は人気があります。ただし、マンションの品質を維持するためには、老朽化に応じて追加の投資が必要になります。支出があることを、予め認識する必要があります。

Read More

損益分岐ラインを下げる

硬貨

コストの削減が大切

不動産投資で失敗をしないために必要なことは、損益分岐ラインを出来る限り下げるということが大切です。不動産投資において、収益となるのは主に家賃収入です。この家賃収入には、想定よりも少ない収入しか得られずに投資の失敗原因となってしまうというケースが珍しいことではない一方で、余程空室のリスクを予め高く見積もるか、何らかの劇的な外部要因によって投資対象物件の地価相場が高騰するといったような事情でもない限り、想定よりも高くなるケースは稀という特性があります。一方の不動産投資における支出は投資対象物件の購入費用と、購入した後の管理費用が主要費目となります。そして投資対象物件の立地が都心部などの地価の高い場所であればあるほど、また広い物件であればあるほど購入費用は高騰します。そのため、不動産投資の失敗のリスクを減らすために損益分岐ラインの低減を図る上でポイントとなるのは、優良な物件を如何に安価で購入することができるかという点になるのです。

中古の優良物件

優良な投資対象物件をより安価に購入するための効果的な方法として挙げられるのが、投資対象物件を中古物件の中から探すことです。というのも、日本の一般的な不動産事情として、売買相場は新築物件か築浅物件であったとしても中古物件かによって大きな差が生じます。一方で賃貸相場は人気が低下するような想定外の外部要因でも発生しない限り、新築物件でも築5年程度の中古物件でも賃料に大きな差は生じません。また、不動産投資は一般的に中長期に渡る投資に向いています。ですので、1つの投資物件を所有している間、最初の入居者がずっと住み続けるというケースはむしろ稀なケースで、一般的に投資の失敗を回避するためには複数回新しい入居者が現れる必要が生じます。ですので、仮に投資対象物件が新築物件だったとしても、2度目以降の入居者を募る際には結局中古物件として借り手を募る必要が生じるのです。その意味でも、新築であること以外の部分に魅力のある物件を探し出すことが重要なのです。従って、中古物件の中から優良な物件を探し出すことが、不動産投資の失敗のリスクを軽減するための損益分岐ラインの低減を図る上で有効な手段となるのです。

家賃収入が魅力

アパート

マンション経営は人気の資産運用方法となっていて、多くの投資用マンションも販売されています。借主が付く事がマンション経営の成功には不可欠ですから、借主が常につくように魅力的な物件に投資を行うようにしましょう。

Read More